まつげエクステの商材を徹底分析

今女性の間で人気沸騰中のまつげエクステ。

この発祥は韓国で、平成8年頃かつらを作る段階で余りが出た化学繊維を使ってみた事が最初でした。

我が国ではそのまつげエクステの商材も平成15、16年位から出始め、急に人気が出だしたのは2013年位となっています。

そんなまつげエクステは割合に美容の技術として新しいものと言えるでしょう。

化粧品のりという商材を使用し、直に皮膚に貼り付けるのが昔から馴染みのあるつけまつ毛です。

一方、皮膚より1、2㎜位離した所にまつ毛一本を着けるのがまつげエクステです。

そして、まつげエクステがつけまつ毛とは大幅に違うところは取り外しの作業は自分自身でしなくてはいけないというのではないことです。

まつげエクステのプロが一回におよそ二十から百本ほどのエクステを片目に着けてくれて、その状態が14日以上保てるのです。
まつげエクステの商材の疑問を解決!!<http://www.besplatneigrice.net/

着けるまつげエクステ商材の呼び方は色々あり、シルクとかミンク等より材質を思い浮かべる気もしますが、出回っているエクステ商材は、PBTが多くを占めています。

エクステの長さや太さ、カールは色々あって、それらの商材を選び沢山組み合わせをして、希望通りのデザインに仕上がります。

まつ毛とエクステをしっかり着けるためにグルーという接着商材が要ります。

使う時に出るホルムアルデヒドが元で鼻と目に刺激を与えてしまう為、施術中や後で送風作業が必須となります。

グルー商材は色んな種類があって、使う目的やお店のレベルや方針等を考慮して使う事が大切です。