子どもたちにも効果を発揮しているトレーニング。

良く運動神経がいいとか悪いといった言い方で評価されてしまうことがありますが、たとえば、それまでの駆けっこで、いつもビリだった男の子が、あるスポーツトレーナーの指導を少し受けただけで、“生まれて初めてビリではなくなった”という体験をもつ子がいます。

そしてさらに最近では、運動神経や運動能力と学力というのは、相関関係にあることも解明されてきました。

運動機能のすぐれた子どもというのは、男女の違いなく学力も高い、あるいは運動神経が良くなれば学力も向上するという科学的データが公表されています。

そんなことがあってからでしょうか。

この2年ほどのあいだに、幼稚園児や小学生児童を対象とした運動教室が全国的に流行しています。

その施設には、プロのスポーツトレーナーやパーソナルトレーナーが常駐し、たとえば鉄棒の逆上がりができない子どもや野球の下手な子どもなどに、基礎からのトレーニングを積ませています。

子どもの場合は、筋トレやエクササイズ、ストレッチなどといった概念でプログラムを組むのではなく、苦手を克服して“できた!という実感”を体験させることが大事だと言います。

実は子どものころの経験や体験は非常に重要な意味をもっていて、いちばん最初に刻み込まれてしまった自分の体験(失敗した、転んだ、できなかった、ビリになったetc)を、そのまま自分の能力と勘違いして成長してしまうのだそうです。

そこでパーソナルトレーナーは、個人1人1人と向き合って個別の目標を導き出し、楽しみながらそれをクリアできるメニューをつくることに神経を注ぎます。

大げさな目的や目標を親が与えなくても、子どもは目の前の小さな課題をクリアすることで自信をつけ、学校の勉強にも積極的に取り組んでいくようになるのだとか。

思わぬところにパーソナルトレーナー活躍の場があり、子どもたちの教育の場があるものです。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.